女性ホルモンとのつながり

女性の薄毛の原因は女性ホルモンの下降だと言われており、絶頂の25歳を迎えた後は緩やかに分泌高が下降していくという特徴があります。

 

女性,薄毛,女性ホルモン

 

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2ジャンルがあり、どんな働きがあるのか見ていきましょう。

 

エストロゲン⇒「スキンの湿気を保つ」「毛をテカテカにする」「骨を強くする」「血管を強くする」
プロゲステロン⇒「子宮以内膜の威力を調節する」「乳腺を発達させる」「血糖数を向上させる」

 

2つの女性ホルモンの中で薄毛と深く関わるのがエストロゲンで、こういう低下にて髪の毛のトレーニング期が短くなって中断期が長くなります。

 

ヘアサイクルが乱れれば軽くてコシのない毛ばかりになりますし、1つの毛孔から出ている髪の毛の数量も減少し易いので薄毛の原因に罹るという構造だ。

 

女性,薄毛,女性ホルモン

 

無論、退化による卵巣のキャパシティー下降を通じてエストロゲンの分泌が減少し、抜け毛が薄毛が伸びるのは月の物状態の一つなので仕方ありません。

 

但し、不規則な生活習慣でホルモン釣合が乱れているといった様子がスピードアップしやすいので注意が必要です。

 

女性ホルモンの低下にて現れる代表的な薄毛がびまん性抜け毛症で、スカルプ全体の本数が減ったりボーダーラインが広がったりと女性を通じて様子は異なります。

 

どんな様子も年齢を重ねる結果悪化しやすい結果、薄毛をとどめるために育毛剤の行動がおすすめです。

 

女性の毛というスカルプに手厚く呼び掛けるアロエエキスやシャクヤクエキスといった和漢植物素材が豊富に含まれているので、長春ヘア精を塗布して理想の毛を維持できるように努力してみて下さい。

 

2ヶ月取り分が1000円お手伝い内輪

 

女性ホルモンを繰り返す薬は薄毛に効果的なの?

女性の抜け毛や薄毛の見直しとして、女性ホルモンを補充する方が注目を集めています。

 

退化による女性ホルモンの下降が薄毛の直接的な要因として、以下のようなホルモン補給療法が現在では実施されているのです。

 

・内服薬の摂取
・栄養剤の飲用
・貼り薬の行動
・薬剤の注射

 

特に女性用のホルモン剤が最も手軽な方となっており、プレマリンやエストリール、ウェールナラやジュリナ錠といった内服薬が病院で処方されています。

 

但し、臨床検証や集計が不足しているのが現状で、「ホルモン補給療法が女性の薄毛に正解」と言い切ることはできません。

 

無理にエストロゲンやプロゲステロンを補い、ホルモン釣合が乱れて調子を崩してしまったというレポートはあるので、自己判断で服用しないように注意してください。

 

薄毛女性の口コミ育毛剤ターゲットへ